本文へスキップ

金沢市食品衛生協会は、食の安全・安心を確保するため、行政と協力して食品衛生向上活動を行っています。

TEL. 076-234-5115

 〒920-8533  石川県金沢市西念3丁目4番25号 金沢市保健所4階

新着情報NEWS

 新着情報

 
2018年2月26日        
 A型肝炎ウイルスによる食中毒の予防について
    
  宮崎市において、加熱用の中国産殻付きアサリが原因と思われるA型肝炎ウイル                ス食中毒が発生しました。

   二枚貝については、日頃よりA型肝炎やノロウイルスに係る食中毒の予防を呼び                掛けているところですが、会員各位におかれましては、改めて調理時の取り扱い                に注意されるよう一層の徹底をよろしくお願いいたします。

   
参考: 国立感染症研究所ホームページ  
hppt: //www.niid.go.jp/niid/ja/kansennnohanashi/320-hepatitis-a-intro.html
内閣府食品安全委員会 食品健康評価のためのリスクプロファイル
http://fsc.go.jp/sonota/risk_profile/havirus.pdf




2017年12月25日
感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルス食中毒の予防について

  感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月中旬頃にピークとなる傾向があり、その多くはノロウイルスによるものと推測されています。
 ノロウイルスによる食中毒の予防については、当協会においても11月13日に講習会を開催し、注意喚起したところですが、会員各位におかれては予防対策の一層の徹底をよろしくお願い致します。
参考:厚生労働省HP ノロウイルス等検出状況2017/18シーズン
http://www.nhi.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html

2017年9月15日
腸管出血性大腸菌食中毒の予防対策等について

  関東地方を中心に発生している同一遺伝子型の腸管出血性大腸菌O157食中毒に関して、ついに前橋市で1名の死亡者が発生しました。
 原因については引き続き調査中とのことですが、腸管出血性大腸菌による食中毒予防対策について、下記厚生労働省HPを参考にされ充分ご注意願います。
 参考:厚生労働省HP 腸管出血性大腸菌による食中毒
http://www.nih.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/daichoukin.html


2017年9月14日
「ノロウイルス講習会」の開催について

  主催:金沢市食品衛生協会
  協賛:一般財団法人石川県予防医学協会・サラヤ株式会社

 ノロウイルスによる食中毒は10月頃から冬期に多く発生しており、またノロウイルスに感染した患者のふん便や嘔吐物が人を介して食品を汚染したために発生したという事例も多く発生しています。
 ノロウイルスによる食中毒の発生を予防するため、ノロウイルスによる食中毒予防の講習会を下記の通り開催致します。正しい汚物処理方法も実演にて行います。

1.日時  平成29年11月13日(月) 14:00〜16:00
2.場所  石川県地場産業振興センター 新館1階コンベンションホール
      (石川県金沢市鞍月2-1)
3.内容  ・ノロウイルスによる食中毒の予防について
        講師 金沢市保健所衛生指導課 
      ・汚物処理方法の実演
        講師 サラヤ株式会社 
      ・ノロウイルスの検査方法について
        講師 一般財団法人 石川県予防医学協会
          
4.参加費 無料
5.定員  200名(但し金沢市内の施設を優先する場合があります)
6.申込方法 平成29年10月30日(月)までに
   当協会までFAXもしくはお電話にてお申し込みください。
       FAX 076-220-2518  TEL 076-234-5115



 FAX申込用紙・チラシ → 

2015年4月1日
「金沢市食品衛生法施行条例」の一部改正

 平成27年4月1日に一部改正されました。

1.HACCPについて

(1)HACCPによらない衛生管理の管理運営基準(従来型基準)に加え、HACCPを取り入れた新しい管理運営基準(HACCP導入型基準)を設けました。
(2)従来型基準、HACCP導入型基準のいずれかの衛生管理方式を事業者に選択してもらい、いずれも満たしていない場合にのみ違反となることとしました。(※今までどおり従来型基準を満たしていれば違反にはなりません)

2.健康被害につながる情報の保健所への報告について

 保健所が食品衛生上の健康被害、苦情等に関する情報を早期に探知し、対応できるようにする観点から、消費者等から健康被害の情報やその発生につながる恐れがある苦情を食品等事業者が受けた場合は、保健所に速やかに報告することを規定しました。

【報告が必要となる例】
(1)健康被害に関する情報、基準に適合していない又は食品衛生法に抵触する行為に関する情報
(2)製造、加工または輸入した食品等に関わる異味または異臭の発生、異物の混入その他の苦情で、健康被害の発生に繋がる恐れが否定できないもの

<お問合せは>
 金沢市保健所 衛生指導課 TEL 076(234)5113

2013年10月13日
「ノロウイルスの食中毒と感染症」DVDの無料貸出し始めました

ノロウイルス食中毒を防止するために必要な知識をわかりやすく説明。現場で役立つ嘔吐物処理の模範実技を収録

電話にて当協会までご予約ください。
貸出しは最大3日間です。

TEL 076-234-5115




2013年10月30日
「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について
  (平成25年10月25日付薬第3304号)

1.コーデックスの「食品中のウイルスの制御のための食品衛生一般原則の適用に関するガイドラインCAC/GL 79-2012」に基づき二枚貝等ノロウイルス汚染のおそれのある食品の加熱温度を85〜90℃で90秒以上としたこと
2.U重要管理事項の5(3)検食の保存について、調理済み食品は、配膳時に人から汚染される可能性があることから、検食は、配膳後の状態で保存することを追記したこと。

 「大量調理施設衛生管理マニュアル」⇒ 

バナースペース

金沢市食品衛生協会

〒920-8533
石川県金沢市西念3丁目4番25号 
金沢市保健所4階

TEL 076-234-5115
FAX 076-220-2518